女子にも大人気のおしゃれなインテリアづくり、今話題のDIYとは

LEDと水銀灯

水銀灯とLEDの特徴で気を付ける点について

最近では、その圧倒的なスペックから注目を集めているのがLEDです。しかし、このような状況でも熱い場所や天井にあまり負荷をかけられないような場所では、まだまだ水銀灯は現役で活躍をしています。今回はこの両者の特徴における使い方の注意点について紹介をしていきます。 水銀灯では、一回消すと10分くらいはスイッチを入れても点きません。消した後にまた、すぐスイッチを点けてしまうと、熱によって抵抗が下がっているので大きな電流が流れてしまうことがあるので注意が必要です。また、電球交換時にきちんと取り付けないと、すぐに接触不良を起こしてしまい最悪の場合使えなくなってしまうこともあります。 LEDについては、水銀灯に比べて重いことに注意が必要です。白熱電球では使えていたデスクスタンドでは、重すぎて使えなくなることもあるようなので注意しましょう。

知っておくと良いことについて

まず、一般の家庭で水銀灯をLEDランプにするとその電気代はとても安くなり、約4分の1から3分の1になります。なので、家庭のお財布にとても優しいですね。更に、寿命も4倍位長持ちするのでとてもお買得になります。 しかし、大量の同じようなLED製品が出回っており、中には品質が悪いものもあるので、そこには気を付けて製品選びをすると良いでしょう。また、このLEDは熱に弱く雷影響でもダメージを受けて寿命が短くなります。なので、良く20年交換しなくても良いという風なことを聞きますが、それは理想的な状況で使い続けた場合であり、現実的には様々なダメージにより寿命は短くなり、だいたい7年位が寿命となることが多いようです。

Copyright© 2015 女子にも大人気のおしゃれなインテリアづくり、今話題のDIYとはAll Rights Reserved.